しっぽが表す感情

☆ ショコラは家の近くを散歩するときは、いつもしっぽが立っていますが、家から離れたあまり知らないところへ行くと、しっぽを下げて「警戒」の状態になります。そのあと、家の近くに戻ってくると、ショコラはいつの間にか元のようにしっぽを立てています。また、うれしいとき、たとえば、お留守番をしていたショコラが、外出から帰ってきたわたしたちを出迎えるときは、しっぽを立てて、振りながら、駆け回り、喜びを表します。反対に、元気がないときや具合が悪いときはしっぽを下げています。しっぽは感情を表現します。