愛犬のお口のにおい

☆ 愛犬のお口のにおいは気になるものです。よくある魚くさいと言うのは、口が渇いて唾液不足で、お水をよく飲ませた方がよいのかもしれません。酸っぱいにおいがするときは胃腸が具合悪く、黄色い胆汁の混じったものを嘔吐したときなどにするにおいです。そして、腐ったようなにおいのときは、歯垢が歯に附着している可能性大で、愛犬をつかまえて、犬用か人間の赤ちゃん用の歯ブラシで磨く必要がありますが、これがなかなかたいへんです。小犬のころから歯磨きをやっていないと、とてもいやがるし、場合によっては飼い主に噛みつくこともあります。最近は歯磨きガムなどもあり、一定の効果があるかと思いますが、よく食べてくれるものは高カロリーなので、与えすぎにご注意。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする